国は最後に助けてくれません!

   “どうすればいいの?”      新型コロナウイルス禍 緊急対策

失業保険を出来るだけ多く受給したい!
国民健康保険の保険料が高額で怒り心頭!
国民年金の保険料なんか払いたくない!
住民税をどうにかして!

 

退職されている方へは
様々な公的支援制度がありますが、
自ら申請しない限り支援を受けられません。

 

あなたの知らない支援制度が沢山ありますが、
誰も教えてくれません。

 

退職後は全てを1人で解決しなければなりません。

 

国は最後に助けてくれません!

 

 

失業保険健康保険年金
大きな法改正は年に数回あり、
小さな法改正は毎月発生します。

 

店頭に並ぶ市販本の内容は、
数年前の情報で、
誤った知識を与えてしまいます。

 

ネット情報も沢山ありますが、
数年前の情報がそのままアップ
されたままで多く残っていて
調べまわる程に混乱します。

 

 毎月第1週に法改正を取込む改訂を行い
 最新の生きた情報 
 を提供しているのが
 本書の最大の強みです。

 

 

  新型コロナウィルス禍  緊急レポート

     令和2年11月発信

 

終焉の見えない新型コロナウイルス感染の
蔓延による売上半減の企業・店舗へ
政府による緊急資金援助が
打ち出されていますが、
焼け石に水レベルで
事業縮小・倒産・閉店は避けられない
状況になっています。

 

それに伴い
企業や店舗の急速な業績悪化により、
かつてない大量の人員整理や、
容赦ない契約切りが続出しています。

 

厳しい現実に直面せざるを得ない退職者
及び退職が現実味を帯びている方は、
退職後は自分一人で情報収集して
打開していく必要があります。

 

社会的弱者である退職者には、
あまり知られていない救済制度が
結構あります。

 

その救済制度の全てを是非知って頂き
厳しい局面を打開されて下さい。

 

新型コロナウィルス禍による退職者へのお得な
特例策が国から矢継ぎ早に打ち出されていますが
積極的なPRはされていないので
本書にて詳しくカバーします。

 

あなたへ、コロナ禍退職後の
失業保険健康保険年金

 

全ての緊急対策をお届けするので
活用されて下さい。

 

        失業者支援研究会

 

 

 

  あなたに今 重要な対策

 

あなたに必要な
失業保険健康保険年金
全てをこの一冊に網羅し、
退職後の有利な対応を分かり易く解説し、
あなたにとって最もお得な退職後作戦を
見つけ貰うことを
本書は願っています。

 

貰える権利は余すところなく全て貰う

 

支払う義務は出来るだけ減免する

 

 

退職後の【健康保険】をどうするか?

 

退職後に
国民健康保険の請求書が送られてきて
保険料があまりに高額でビックリ!

 

”計算間違いでは?!?”

 

国民健康保険加入は避けましょう。
対策として
 ◇ 親族の社会保険へ加入
 ◇ 退職前の保険継続
 ◇ 保険料減額を申し出る
 ◇ いずれの保険にも加入しない

 

失業中の無駄な出費は最小限におさえるべく、
あなたにとって最もお得な方法を探します。

 

 

 

【失業保険】を目一杯受給する!

 

失業保険を受給出来る日数は条件により、
90日〜330日 と
大きなバラツキがあります。

 

退職後は
出来るだけ沢山もらいたいものです。
失業保険を沢山もらえる作戦を立てます。

 

パートでも失業保険を貰えるのだろうか?
派遣社員の失業保険はどうなるのだろう?

 

ここでは
公共職業訓練を受講しながら失業保険を
長期間受給するお得ワザも
”超お得です”
是非モノにされてください。

 

ハローワークに出向く前の準備が勝負です。
十分に理論武装して臨みます。

 

在職中の退職準備が重要です。

 

 

 

【年金】をどうするかも大きな問題です

 

退職後は
“保険料ゼロ”
での年金加入が最優先です。

 

もし
保険料ゼロに出来ない時は
保険料減額又は
保険料猶予に再トライします。

 

 

 

【税金】を取り戻す

 

住民税は減額申請します。
所得税も退職後に取り戻します。

 

     

 

本書は、
社会保険制度の単なる解説書ではありません。
単なる解説でよければお役所の
ホームページで十分です。

 

本書は、
あなたの
”有利な支援内容と受給作戦” を
見つけ出す事をメインテーマとしています。

 

法律に詳しくなくても全く構いません。
分かり易く丁寧に解説しています。

 

弱者救済の一環として、
あなたの知らない失業中の公的な
経済支援がいくつもありますが、
自ら請求しない限り支援を受けることは
一切出来ません。

 

役所の窓口では、
あなたの質問に丁重に応えてくれますが、
質問以外のお得なウラ情報までは
決して教えてくれません。

 

残念ながら
【役所はあなたの味方ではない!】
と心得て下さい。

 

 

失業者への
  “援助内容”
  “受給資格”
  “申請方法”
    だけでなく

 

【ギリギリに合法的な受給テクニック】

 

を知っていただき、
少しでもあなたの経済的手助けになる事を
本書はサポートします。

 

 

・・・・

 

 

 必須な対策

 

【健康保険】

 

負担額が大きく
最も迷うのが健康保険の対応です。

 

当会への質問が
最も多いのが健康保険に関してで、
そして最も
不満が多いのも健康保険に関してです。

 

ベストな作戦は各人で異なります。
あなたにとって
ベストな作戦 を伝授します。

 

・出産手当金
・出産育児一時金
・傷病手当金
の退職後の受給権利を見逃す方も多いので
お忘れなく!

 

 

 

【失業保険(=雇用保険)】

 

まずは
失業保険が受給出来る
資格を確認しましょう。

 

次に出来るだけたくさん
受給出来る方法を探ります。

 

会社都合退職は
自己都合退職の“ 約2倍 ”
失業保険を受給出来ます。

 

派遣社員
意外と有利な作戦が取れます。

 

65歳の誕生日直前退職
失業保険と年金の
両方受給作戦が 超重要 です。

 

 

 

【年金】

 

国民年金の保険料も
退職後にズシッときます。

 

保険料を納付すべきか?
未納でも構わないのか・・。

 

年金制度が複雑で迷うところです。

 

あなたの年金受給資格の有無を
まずは押えて下さい。

 

保険料の全額免除や猶予の
 ”失業者特権”
をフルに活用します。

 

・・・・・

 

 

 本書の歴史

 

本書の初版を
平成9年(1997年)
オンライン上で発行しました。

 

インターネットが普及し始めた時期で
似た様な情報はネット上には
まだ皆無でした。

 

書店の店頭には会社の総務課スタッフ向けの
社会保険手続のマニュアル本は
数多くありましたが、
退職者向けのサポート書は無く、
本書は退職者から
大きな反響を頂きました。

 

 

現在、
ネット上に似た様な情報サイトが
溢れる程ありますが、
退職者に必要な全ての情報
網羅したサイトは
他に見当たりません。

 

また、
ネットに一度アップすると、
作成者が削除しない限り
いつまでもネット上に残るので、
ネット情報は古い懸念があります。

 

それにより
ネット閲覧する程に振り回され
“どの情報が本当なの?”
と混乱されているのが実情です。

 

あなたが求める
失業保険・健康保険・年金・税金
の情報は全て法律に基づき、
頻繁に法改正されています。

 

最新情報に基づき作戦しないと、
あなたの思いとは異なる
結末になってしまいます。

 

 

本書の特徴は

毎月第1週に法改正を取込む改訂を行い
  最新の生きた情報を提供します

 

あなたが求める失業保険・健康保険・年金の
  お得情報をこの一冊に集約して提供します


 

・・・・

 

 

購読者の皆様からの質問です

     (掲載している内容はあくまでも個人の感想です)

<質問1> 健康保険料は遡って請求される?  女性 42歳
「退職準備の知恵」をいただきまして、
ありがとうございました。
とてもわかりやすく、
お役所では聞けないような内容で、
とても参考になりました。

 

会社を退職後、国民健康保険には加入していません。
この度病院に行かなければいけない事になってしまい、
国民健康保険加入の手続きをするのですが、
退職時まで遡って請求がくるのでしょうか?
手続きをする今月分からというわけには
いかないものなのでしょうか?

 

誰にも聞けないし、
お教え願えませんでしょうか。

<質問2> 健康保険は強制加入?  女性 37歳
退職し、
無収入の私に高額な住民税納付書が届き、
息が止まりました。
納付期限も迫り困っています。

 

国民健康保険の書類も届きましたが、
病気になって全額自己負担で
よければ加入しなくても良いのでしょうか?
それとも国民健康保険加入は強制でしょうか?
任意継続とか保険料免除とか、
噂には聞いているのですが混乱して、
こちらのサイトへ辿り着きました。
どうぞ助けて下さい。

<質問3> 健康保険と年金の加入に付いて?  男性 64歳
年金事務所で聞けばいいのでしょうが、
以前年金のことで相談に行って、
なんだか小バカにされたものですから・・。
HPを拝見し思い切ってメールさせていただきました。

 

私は間も無く会社を退職します。
次の会社は3ヶ月間の試用期間ということで
健康保険と厚生年金に加入できないみたいなのです。
この様な場合、
私はどのような手続きをしていけばいいのでしょうか?

<質問4> 失業保険受給中に扶養加入?  女性 27歳
私は妊娠して会社を辞めました。
ぎりぎりまで仕事をして、
退職後すぐに夫の扶養に入りました。
出産後に失業保険を給付中です。

 

しかし、
夫の扶養のままでは失業保険はもらえないでしょ!
と友人から言われ驚いています。
なにか手続きが間違ってのことだったのでしょうか?
私の場合、出産のため失業保険を延長し
すぐもらわなかった事が
いけなかったのでしょうか?
どこへ相談してよいのか分からず困っています。

<質問5> 学校と失業保険とアルバイト?  男性 20歳
退職して、専門学校に行こうと思っています。
アルバイトもしながらですが、
失業保険も受給出来る方法はありませんか?

<質問6> これは自己都合退職?  男性 39歳
自己都合退職の場合でも、正当な理由があれば雇用保険の
支給開始までの短縮があるらしいと聞きました。

 

「実家の母親の具合が悪く、
看護の為に勤務が継続できない」との退職理由は、
正当な理由に該当するのでしょうか?

<質問7> 健康保険に未加入だと?  女性 31歳
結婚を控え退職しました。
任意継続の手続きをしたいのですが、
あまりに高額で払えまん。

 

結婚まで未加入にして病気にならないよう
気をつけようと思っているのですが、
今後扶養に入るときに問題が
生じることはあるのでしょうか?

<質問8> 留学時の健康保険?  女性 24歳
退職後に海外へ留学します。
1年近く行くのですが、
国民健康保険への加入は必要でしょうか?

<質問9> 職業訓練受講中にアルバイト?  男性 29歳
職業訓練の説明会にいってきました。
本書のアドバイスにて職業訓練の面接に
お陰様で合格出来ました。

 

土日は職業訓練が休みなので
アルバイトしたいと思っています。
1日で1万稼いだとしたら、
手当ても1万円分引かれるのでしょうか。
私の基本手当ては1日5千円くらいです。

<質問10> 健康保険料を未納?  男性 40歳
国民健康保険が未納であると
市役所の担当者が家に来ました。
2年ほど前の6ヶ月分くらいを未納していました。

 

今の職場に再就職後新しい保険証はもらっています。
今でも遡って未納分を
支払う必要があるのでしょうか。

<質問11> 派遣切り?  男性 29歳
派遣の仕事をしています。
急に契約打ち切りの連絡が入り困っております。
退職後すぐに失業保険をいただける方法を
探しております。

<質問12> 独立計画中に扶養加入?  男性 33歳
私は独立開業の為に退職しました。
最初のうちは収入が無いので、
バイトをしながらやっていこうと考えています。

 

その場合、
収入があまりないので親の扶養家族に
入れるのではないかと思うのですが、
実際のところどうなのでしょう?

<質問13> 離職理由に異議?  男性 45歳
離職票の「退職理由」の書き方についてお尋ねします。
事業主欄には
「労働者の個人的事情による離職(一身上の都合)」に
チェックがあり、
具体的事情記載欄には
「自己都合による」と記入されています。

 

自分は就業環境に係る重大な問題
(故意の排斥 嫌がらせ)による
「会社都合離職」と判断しています。
本人記入欄にどのように記入すればよいか
迷っています。
対処方法を教えていただければと思い質問しました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 失業保険 ¥335万 受給実績

 

下記は
筆者が失業保険申請時に
ハローワークから発行された

 

 “雇用保険受給資格者証” です。

 

給付日数=240日の長期
離職理由=31の会社都合の退職扱い
手当日額=8,493円の上限額

 

  これによる受給額は約200万円です。
     (8,493円 x 240日)

 

自らの退職申し出だったので本来は、
受給日数90日の「自己都合」退職扱いですが、
調査を重ね「会社都合」退職扱いに出来ました。

 

調査時は情報が錯綜し、
どうすれば良いのか混乱しましたが
退職会社の事務担当者も味方に付け
乗り越える事が出来ました。

 

なおかつ、
当初の給付日数は240日でしたが、
受給終了間際から職業訓練に通い始め、
訓練終了直後に再就職して支度金も受給して、

 

合計
【395日分】(1年1ヶ月)
の失業保険を受給出来ました。

 

最終的な受給額は
8,493円x395日 の

 

 “335万4735円”

 

おかげで
受給期間の1年間余に
再就職準備や事業独立検討を焦ることなく進め
満足な結果を得られました。

 

その経験の一端を本書にて
皆さんに伝授出来ると確信しています。

 

 

本書の特徴は

◆ 毎月第1週に法改正を取込む改訂を行い
   最新の生きた情報
◆ あなたに必要な失業保険・健康保険・年金の
   全てを一冊に網羅
◆ 失業者が知りたいウラ的な
   役所には聞けない 本音情報をこっそ

 

・・・・・

 

購読者の皆様からのメッセージです

     (掲載している内容はあくまでも個人の感想です)

<メッセージ1>  男性 57歳
本書を読ませていただき、
非常に勉強になりました。
退職後の国民健康保険と年金を
どうするかで悩んでおりましたが、
リスクも含めて自分にとっての適切な判断ができました。

 

裏ワザ的な部分も含め
正確な情報を知ることができ、
大変満足しております。
ここまで完成度の高い資料を、
提供いただけることに頭がさがります。
もっと早く出会いたかったです。

<メッセージ2>  男性 41歳
色々なアドバイスを頂き、
有難うございました。
そういう方法もあるのかと、
未熟な私にも判る内容でとても勉強になりました。

 

現状の打破を、
役所や弁護士に相談したこともあったのですが、
藁にもすがる思いだったその藁を引きちぎられ、
殆ど相手にされず、
寂しい思いをしていました。

 

しかし、
心からのアドバイスと第三者であっても親身に
なってくださる真心を感じとても嬉しかったです。
心から御礼を申し上げます。

<メッセージ3>  男性 34歳
早速のご返信ありがとうございます。
昨年の所得に基づき63万円の
国民健康保険料請求が来ました。
失業手当では払い切れない保険料が
役所から請求された事に、
驚きと怒りをおぼえています。

 

今後とも相談しながら
賢く対応しようと思っています。
よろしくお願いします。

<メッセージ4>  女性 52歳
早速の返答、
ありがとうございました。
こんなに早くお返事をいただけると
思わなかったのでとても驚きました。

 

このまま一生無保険と言う訳にも行かないと思うので、
教えて頂いた事を実践しようと思います。
本当に助かりました。

<メッセージ5>  男性 67歳
このたびは誠にありがとうございました。
大変わかりやすく、
貴重なご意見が多くとても参考になりました。

 

私は退職してから本書を入手したのですが、
退職前に本書に出会っていれば・・・
などといささか後悔の念も感じずにおれません。

<メッセージ6>  男性 37歳
質問のお答えと書類の送付ありがとうございました。
半信半疑でメールしたのですが、
本日届いていました。
疑問が解決され頭もすっきりしました。

 

書類の手順にのっとり、
これからの必要な手続き内容を
自分なりにノートにまとめました。
残り少なくなった出社日を楽しみながら
退職準備を万全にしたいと思っています。
本当にありがとございました。

<メッセージ7>  男性 25歳
アドバイスの基、
健康保険料の件で役所担当者との話し合いの結果、
現時点での収入を半年後に再度見直し、
支払い能力の判断次第では
無理に払わなくても良いと言う
役所の最終回答を頂くことが出来ました。

 

お世話になり感謝しております。

<メッセージ8>  女性 33歳
偶然にもこのようなサイトに出会えて、
本当に感謝しています。
こんなサイトがあるとは知らず、
真剣に読ませていただいています。

 

なにから始めたらいいものかと悩んでいたので
助かりました。

<メッセージ9>  女性 30歳
非常に役立つ資料を頂戴致しまして
有り難うございました。
私が拝見した中では、
一番わかりやすくすばらしい資料でした。

 

退職関連のネット情報はたくさんありますが、
まとまっていて無駄もなく、大変助かりました。
出産のため退職をしたのですが、
その際の手続きの参考にさせて頂きます。
本当に有り難うございました。

<メッセージ10>  女性 41歳
退職した者にとって、心晴れる情報ですね。
とても解りやすく整理された情報をいただき、
ただただ感謝するばかりです。

 

これから熟読させていただきます。
ありがとうございました。

<メッセージ11>  男性 55歳
いま資料内容の一部を拝見したところですが、
非常に分かりやすくて正直驚いています。

 

おかげさまで、
様々な疑問が少しずつ解決しています。
これからじっくり読ませていただきたいと思います。
本当にありがとうございました。

<メッセージ12>  男性 36歳
私は間も無く退職予定ですが、
自分からアクションしないと
役所は何も教えてくれない、
ということを肝に銘じていろいろ手続きをします。

 

 

 

平成9年の発行以来23年、
閲覧者からの質問や意見を取込み、
失業者が

 

  “何に困っているのか”

 

  “何が分からないのか”

 

  “何を求めているのか”

 

の視点で以ってまとめた
集大成になっています。

 

  

  本書の主要目次です

【失業保険】の主要項目
・受給申請
・受給資格
・受給金額
・受給日数
・パートの受給日数
・受給日数加算条件
・受給開始はいつ
・有効期限
・延長出来る条件
・ハローワーク指定日に出頭出来ない
・受給中のアルバイト
・受給中に就職
・再就職したが短期間で再び退職
・失業中に病気
・引越しをした時に受給
・面接に行った時に受給
・受給中に死亡
・ハローワーク指定講座を勉強しながら受給
・65歳以上の高年齢求職者給付金
・社長や役員の受給
・不正受給が発覚

 

【健康保険】の主要項目
・退職後のお得な4方法
・結婚又は出産で退職する時
・退職後の傷病手当金
・退職後の出産育児一時金
・出産直前退職だと「出産手当金」を受給
・退職直後に死亡

 

【年金】の主要項目
・国民年金に加入義務あり?
・受給資格をチェック
・加入期間が足りない
・老齢厚生年金の受給開始年齢
・在職老齢年金

 

【「税金】の主要項目
・住民税を減免する           
・確定申告で所得税を取り戻す          
・退職金の税額                  

 

【その他】の主要項目
・失業給付と年金の併給停止
・倒産時の未払賃金に救済
・資格取得講座に補助金
・新型コロナウィルス緊急対応の「総合支援資金」

 

   

 

 

退職後の申請時に
役所の言いなりだと大損します。

 

あなたも退職後にあと10万円、50万円、
いや100万円多く貰えるかもしれません。

 

失業者は社会的弱者です。
弱者へは国はさまざまな支援を
準備しています。

 

あなたは国の支援内容を
余すところなくご存知ですか?

 

残念ながら
多くの方がご存じではありません。

 

あなたが得する程に
国としては出費が多くなるので、
国は積極的にPRをしていません。

 

 

退職すれば失業保険をもらえるのは
ご存知ですよね。

 

ひと工夫すれば失業保険をより
多くもらえる手段はご存じですか?

 

退職した後の出産や病気にも
50万円、いや100万円単位の
お金をもらえる制度があります。

 

退職後の健康保険と国民年金に
加入する時にも
お得な方法があります。

 

 

ひと昔前に比べると、
お役所も随分と親切になりました。

 

あなたがお役所の窓口で、
健康保険・失業保険・年金・税金
について質問すれば丁寧に答えてくれます。

 

しかし、
あなたの質問について答えるだけで
その裏にあるもっとお得な情報までは
決して教えてくれません。

 

お役所はあなたの味方にはなりません。

 

あなたにとって一番いい方法ではなく
お役所にとって一番いい方法だけを
教えるからです。

 

 

お役所はあなたの 
“味方にはならない”
と心得て下さい。
お役所の1枚上を目指す必要があります。

 

 

国の支援内容を知っているのと
知らないのでは
あなたが貰える金額は大きな差になります。

 

失業中といえども何かと
出費は追いかけてきます。

 

今日まで納めた税金や保険料を
正々堂々と少しでも取り戻す
“権利” があなたにはあります。

 

 

ベストな作戦は、
あなたが置かれている状況や
条件により異なります。

 

支援内容を熟知して対応するのと、
知らないままの機会損失は
大きな差になります。

 

失業者への
 “援助内容”
 “受給資格”
 “申請方法”
のみならず

 

【ギリギリに合法的な受給テクニック】

 

を知って頂き最良の対策を逃すことなく、
少しでも経済的手助けになる事を
切に願っています。

 

新型コロナウィルス緊急対策として
「総合支援資金」が大幅に緩和されて
失業者は 60万円 が借りやすくなり、
場合によれば返済免除になる制度の
解説を追加しました。

 

  

 

  提供価格

 

本書はPDFファイル
121ページを

 

 “28,800円” 

 

   にて提供します。

 

  1回お支払い又は
   分割お支払い(クレジットC利用時、金利なし)
     3,200円x9回

    1,200円x24回

 

失業保険の受給日数を30日延長すれば、
  少なくとも
  4,000円x30日=120,000円増になり、
  28,800円は十分に回収です。

 

国民健康保険の1ヶ月平均保険料は
  約30,000円なので、
  全額免除すれば28,800円
  保険料約1ヶ月分です。

 

国民年金の1ヶ月保険料は
  16,540円なので
  全額免除すれば
  28,800円は保険料約2ヶ月分です。

 

失業保険を受給しながら
  アルバイトが出来れば
  28,800円はアルバイト1週間分です。

 

総合支援資金制度で
  (返済免除の)600,000円借入れ出来れば
  28,800円は許容範囲です。

 

上記のうち
1つでもお得な結果を得ると
28,800円を回収して
余りあります。

 

他にも
もっともっと沢山のお得をGET出来ます。

 

28,800円以上を

 

きっと回収出来るでしょう

 

 

本書を購入頂いた後
あなたの結果が出るまで
メールでフォロー支援致します。

 

何なりとお問い合わせ下さい。
メール受付の回数や期限の制限はありません。
あなたのお得を一緒にゲットしましょう。

 

 

 返金システム

 

ここで
本書内容の一部を紹介したいのですが
一行一文がノウハウ要素なので
残念ながら紹介出来ません。

 

その代わり、
もし
本書及び筆者支援の力量不足により
あなたのお役に立てなかった場合は
“半額”お返しします

 

 

”半額”お返しすべく証拠書面等の
提出は一切不要です。
あなたの【お役立ち感】
判断だけで結構です。

 

半額返金申請 (14,400円)

 

・下記4項目をメール送信して下さい。
@姓名:本書購入申込み時のお名前に限ります
A購入申込み年月日
B銀行口座情報:振込先銀行は国内に限ります
       :口座名は本書購入者と同一姓名に限ります
C返金請求に至った本書の改善すべき点を1つ教えて下さい。
  本書の改善にさせて頂きます。

 

・本書購入日の1ヶ月後(1ヶ月後の同日)から
  6ヶ月後(6ヶ月後の同日)の
  5ヶ月間に返金申請メールを下さい。

 

このチャレンジを逃さないで下さい

 

全額をお返ししたい思いなのですが、
本書の制作・販売にもコストが
掛かっているので、
”半額”のお返しを筆者は約束致します。

 

あなたが28,800円以上の
お得ゲット可能と、
23年間の集大成である本書を筆者は
自信を持って薦めます。

 

 

 

令和2年初頭から始まった
新型コロナウィルス禍の影響で
職を失った方が沢山おられます。

 

職を失いそうと心配されている方が
沢山おられます。

 

政権が
生活支援策を打ち出していますが
僅かな小金では庶民の日々生活には
焼け石に水です。

 

自らの知恵と力で、
今の人生を決して失わないで下さい

 

 

新型コロナウィルスの影響で
100万人もの失業者が
増加すると政府は予想しています。

 

感染が収束しても世界の価値観は変わり、
日本人の働き方も大きく変わるでしょう。

 

倒産してしまう企業や店舗も多くなっていて、
再就職も長引く覚悟をしておいて下さい。

 

今あなたがやるべき事は、
ここはジックリと腰を据え、
自分磨きをして今後の生き方を見直し、
生活の安定をキープしながら、
新たな道を探し出す必要があります。

 

空いた時間を活用して、
得意分野の副業を始められるのも
良いでしょう。

 

これまでとは全く違う業種の
資格取得にチャレンジ
されるのも良いでしょう。

 

独立を目指されるのも夢があります。

 

その為にも、
失業中の社会保険や失業保険受給を
しっかりと安心出来る万全な形に
備えられて下さい。

 

 

このサイトに辿り着いたあなたには
コロナ禍退職後
何とか乗り切って頂きたい。

 

じっと待っていても
役所は手を差し伸べてくれません。

 

全ては自分で動いて
自ら請求しなければなりません。

 

お得な情報の存在を
知らなかったら終わりです。

 

自分で自分の身を守りましょう。
家族を守りましょう。
一緒にベストな道を探しましょう。

 

   

 

 

 

 購入方法 と 本書ダウンロード方法

 

お得作戦を実行するには
退職前の研究と事前準備が重要です。

 

現在在職中だが近日中の
  退職を思案されているあなた

 

退職直後だがまだ役所への届出直前のあなた

 

既に役所届出を終えたものの納得がいかず
  他の方法への変更を模索しているあなたも
  きっと間に合います

 

提供価格
 “28,800円” 

 

  1回お支払い又は
   分割お支払い(クレジットC利用時、金利なし)
       1,200円x24回

     3,200円x9回

 

お支払い方法
  
 ・クレジットカード(分割お支払い出来ます)
 ・銀行振込
 ・ゆうちょ振込
 ・ちょコムeマネー
 ・コンビニ端末機
 ・BitCash

 

振込による入金は確認に24時間程を要します。
コンビニ端末機による入金は3時間程を要します。
今すぐに閲覧されたい方は
クレジットカードをご利用下さい。

  *クレジットカードご利用時は下記に留意されて下さい。
   ・24回の分割払いに利用出来るカード
      VISA,Master
   ・9回の分割払いに利用出来るカード
      VISA,Master,JCB
   ・1回払いに利用出来るカード
      VISA,Master,JCB,Diners
    ・分割払いの場合は、回数により別途分割手数料がかかります。
     (分割手数料についてはご利用のクレジットカード会社にお問い合わせ下さい)


    ・VISAデビッドカードは分割支払いにご利用いただけません
    ・ご利用限度額をお確かめ下さい。商品金額以上の限度額がないと購入できません。

 

  2分で入力完了   (半額返金保障でご安心)
   
   
   

 

本書はPDFファイル・121ページで提供します。
入金の確認が取れますと、
メールで本書のダウンロード方法をお知らせします。
インフォトップのマイページの注文履歴の
[ダウンロード] ボタンから14日以内に
あなたの端末に本書をダウンロードされて下さい。

 

本書はPDFファイルで提供されるので
Adobe Acrobat Readerソフトで閲覧します。
必要なページを印刷してジックリ研究出来ます。
閲覧ソフトはほぼ全ての端末に設定されていますが、
もし設定されてなければ無料で
簡単にダウンロード出来ます。

 

 

少しでも心安らかな退職生活を過ごすため
生きた情報 と 
賢い作戦 が必須です。

 

力強い支援をお約束します。
半額返金保障もあります。

 

1ヶ月のお支払いは
1,200円 です。
 (24回分割支払い時)

 

あとは
あなたの “チャレンジ” です。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

{追伸}

 

筆者があなたに声を大にして
今一度強調したいのは

 

国は最後に助けてくれない!

 

 

筆者の3度の失業体験及び
4000人の本書購読者からの
質問やメッセージから浮かび上がるのは
役所への怒り!

 

新型コロナウィルス禍に見る行政対応に
国会議員や高給取り官僚の本質が如実に
あぶり出されました。

 

日々生活に困窮している方々への
救済の姿勢は見せているものの
一つ裏舞台を垣間見ると
国会議員や高給取り官僚は
自分たちの身分保証安泰だけを
優先するだけで
困窮者の痛みは全く分かっていません。

 

 ● 助成金申請の煩雑さ
 ● 受給金の振込み遅さ
 ● お友達企業との癒着による税金無駄使い

 

 

失業後の役所対応は
その様な役人と互角に
いや互角以上に戦う必要があります。

 

事前の理論武装が必須です

 

失業者には様々な救済事項が
法律で定められていますが
役人は貴方に決して教えてくれません。
何故なら
貴方が“お得”になっても
役人には何ら“お得”にならないからです。

 

対抗するには
自分で研究して準備しなければなりません。
お得情報の存在を知らなかったら
その時点で勝負は終わっています。

 

店頭本は情報が古いのでお薦め出来ません。
ネット情報は調べる程に振り回されます。

 

本書の特徴は

 

◆ 毎月第1週に法改正を取込む改訂を行い
   最新の生きた情報
◆ あなたに必要な失業保険・健康保険・年金の
   全てを一冊に網羅
◆ 皆さんが知りたいウラ的な
   役所には聞きにくい本音情報をこっそり

 

きっと貴方のお役に立てると
筆者は自負しています。

 

お役に立てなかった時は
半額返金保障を準備しています。

 

半額返金申請は
あなたの【お役立ち感】
判断だけで結構です。

 

安心して “チャレンジ” されて下さい。

 

 

提供価格
 “28,800円” 

 

  1回お支払い又は
   分割お支払い(クレジットC利用時、金利なし)
       1,200円x24回

     3,200円x9回

 

  2分で入力完了   (半額返金保障でご安心)
   
   
   

 

お支払い方法
  
 ・クレジットカード(分割お支払い出来ます)
 ・銀行振込
 ・ゆうちょ振込
 ・ちょコムeマネー
 ・コンビニ端末機
 ・BitCash

 

振込による入金は確認に24時間程を要します。
コンビニ端末機による入金は3時間程を要します。
今すぐに閲覧されたい方は
クレジットカードをご利用下さい。

  *クレジットカードご利用時は下記に留意されて下さい。
   ・24回の分割払いに利用出来るカード
      VISA,Master
   ・9回の分割払いに利用出来るカード
      VISA,Master,JCB
   ・1回払いに利用出来るカード
      VISA,Master,JCB,Diners
    ・分割払いの場合は、回数により別途分割手数料がかかります。
     (分割手数料についてはご利用のクレジットカード会社にお問い合わせ下さい)


    ・VISAデビッドカードは分割支払いにご利用いただけません
    ・ご利用限度額をお確かめ下さい。商品金額以上の限度額がないと購入できません。

 

本書はPDFファイル・121ページで提供します。
入金の確認が取れますと、
メールで本書のダウンロード方法をお知らせします。
インフォトップのマイページの注文履歴の
[ダウンロード] ボタンから14日以内に
あなたの端末に本書をダウンロードされて下さい。

 

本書はPDFファイルで提供されるので
Adobe Acrobat Readerソフトで閲覧します。
必要なページを印刷してジックリ研究出来ます。
閲覧ソフトはほぼ全ての端末に設定されていますが、
もし設定されてなければ無料で
簡単にダウンロード出来ます。